旅行

アンパンマンミュージアムは1日遊べるこども遊園地だった【三重県】

アンパンマンミュージアム名古屋アイキャッチ

アンパンマンミュージアム名古屋はどこ?

アンパンマンミュージアム入り口

名古屋アンパンマンミュージアムは三重県桑名市にあるナガシマスパーランド敷地内にあります。

車のカーナビにはナガシマスパーランドと検索すると目的地設定しやすいかも。

駐車場は長島スパーランド、アンパンマンミュージアム、ジャズドリーム長島と共用なので、何千台と停められますが、平面駐車場のみなので、繁忙期は早めに行ったほうがいいかもしれませんね。

最近はコロナの影響で来場客数減ってますが、全盛期の時は2-300mくらいは歩かされてましたね…

アンパンマンミュージアム開園と同時に入園するくらいの気持ちでおうちを出ましょう!

入場料ともらえる特典

入園料は1歳以上は有料で、大人・こどもともに2000円です。

数年前は1500−1600円くらいだった気がしましたけど、2000円になってました。

4人家族だと8000円。

地味に痛い出費…

まぁ子どものためならガマンガマン…笑

こどもには入場特典で今回はアンパンマンのネームタグをいただきました。

前回は忘れちゃったけど、前回の入場特典よりいい!と妻は言ってましたね。

お得なオンラインチケットなら待ち時間なし


アンパンマンミュージアムの野外施設紹介

アンパンマンミュージアムの野外施設

施設内は野外施設が8割、屋内施設が2割ってことでしょうか。

登場するいろんなキャラクターたちがいました。

食パンマンはあいかわらず、紳士的な感じですね。

積み木の観覧車

アンパンマンミュージアムの野外施設

入り口正面には積み木の観覧車があり、その下はトンネルになっていて、上を見上げると観覧車をしたから見えるようなギミックになっていました。

子どもはトンネルなど狭いところがとにかく好きなので、行ったり来たりと遊んでいました。

アンパンマンが積み木の上に座っていますね!

大きな木と森の遊び

アンパンマンミュージアム野外施設

入り口から奥へ進むと、半屋内施設になっている「大きな木と森の遊び」コーナーがあります。

前回はなかったので、ここ2−3年でできた施設っぽいですね。

野外との仕切りがないオープンな状態ですが、エアーカーテンが付いていてクーラーが設置してありひんやり涼しいので、夏場は利用者多そうですね。

今回は平日に遊びに行ったのもあり、密になることはありませんでした。

冬場は暖房になるんですかね??

パンこうじょうの丘

アンパンマンミュージアム野外施設

ジャムおじさんとバタコさんがアンパンマンの顔を焼く、パンこうじょうもありました。

アンパンマンミュージアムのパン工場

ジャムおじさんが満面のキラースマイルで迎えてくれます。

見てるこっちまで笑顔になってしまいますね。

パン工場の中ではパン作りのギミックがあったり、窯でアンパンマンの顔が焼き上がる演出がありました。

窯の中の顔は焼きすぎなくらい茶色い顔でしたけど、ジャムおじさんもしかして焼くの失敗しちゃった??笑

アンパンマンミュージアムの屋内施設紹介

アンパンマンミュージアム屋内施設

アンパンマンミュージアムの施設奥には、屋内展示施設があります。

入り口横で記念写真を撮ってくれるので、時間がある方はぜひ!

よくある、買っても買わなくてもいいよ系の写真屋さんです。

記念なので、もちろん購入〜。1650円でした。

スマホでも記念写真撮ってくれるので、大きい写真は要らないけど、家族の記念写真は欲しいって方もぜひ利用して思い出を記録に残しちゃいましょ〜。

お得なオンラインチケットなら待ち時間なし


虹のすべり台

アンパンマンミュージアムの虹のすべり台

室内施設で1番人気の虹のすべり台がこちら。

キャストの方が補助してくれるので、安全に楽しむことができました。

慣れていない子だと、すべり台の下で後頭部ぶつけちゃったりしますからね。

日本人に虹色は何色?って聞くと7色と答えてくれることが多いようですが、ここは6色でした。

何か意味がありそうですよねー。

次回行ったら聞いてみようかな?

はっけんジオラマ

アンパンマンミュージアムのジオラマ

屋内施設1番奥にはアンパンマンの世界観を再現した、大きなジオラマが展示してありました。

アニメでは、アンパンマンの住んでいるところの地理の描写少ないので、より深く学びたい人には参考になりますね!

妻はこういうミニチュアのジオラマ好きって言っていたので、女性は好きなのかも〜。

僕は正直あんまり興味湧かなかったかな 笑

 

一部しか写してないのでわからないですが、バイキンマンのお城もダダンダンもいたりと、

「ここにこんなキャラクターいるー!」と親子で探したりする楽しさがあるかもしれませんね。

アンパンマンミュージアムジオラマ裏側

また、ジオラマは裏に秘密の通路があるんです。

裏からジオラマが見れる穴があったり、ここからしか見れない地下の世界観があったり。

表から見て、裏からも見てグルッと楽しめるジオラマでした。

子どもはこの秘密の裏道結構好きだったりします。

うみとおそらのボールパーク

屋内施設に隣接する形で、半室内遊戯場としてうみとおそらのボールパークがあります。

アンパンマンやバイキンマンの大きな顔のボールで遊ぶ事のできる施設です。

コロナ前は出入り自由でボールもいっぱい使えたのですが、最近は1家族につきボール1つにルール変更されています。

一時期は閉鎖されていて、緩和されて遊べるようになったのは嬉しいかぎり。

小さい小山があるので、そこからボールを転がして遊ぶのもいいですし、サッカーみたいに蹴って遊ぶのもいいですね!

使用後はキャストの方がひとつひとつ消毒していたので、その辺りの対応も安心できますね。

アンパンマンミュージアムのショーは2パターン??

アンパンマンショーでのポッポちゃん

アンパンマンに登場するキャラクターたちが登場するショータイムが1日数回あり、内容にパターンがあることがわかりました。

季節ごとに内容も変わる?ので、行くたびに新しいショーを見ることができるかもしれませんね。

訪れた時には2つのパターンで公演していました。

乗り物とキャラクターのパレード

アンパンマンミュージアムののショータイム

午前1回目に行われていたショーが、ヤキソバパンマンのショーでした。

このキャラクターを初めて知ったのですが、リズミカルな曲調で楽しかったです。

ちなみにこの白い馬はヤキソバパンマンの愛馬で「ホワイトソース」って名前みたいです。

ホースじゃなく、ソース。笑

お得なオンラインチケットはクレジットカードで!


アンパンマンたちとのダンスショータイム

アンパンマンショーでの食パンマン

2公演目はアンパンマン主要キャラクターたちによる、ダンスショーでした。

ステージ横から見ていたんですが、食パンマンが近くまで寄ってきてくれたりと、さすが紳士だな〜と思いましたね。

アンパンマンはステージ前方だったので、なかなか来てくれず…

2回目のショーもリズミカルなダンス調だったので、子どもたちも一緒になって踊ったり楽しめる感じでした。

アンパンマンショー

もちろんカレーパンマン、バイキンマン、ドキンちゃんもいましたよ!

昼食はおすすめのペコズキッチンで

ペコズキッチンのメニュー表

アンパンマンミュージアムの中での昼食はレストラン・フードコート・テイクアウトの3つがあり、中でも不二家のぺこちゃんとコラボしているペコズキッチンがおすすめ。

レストランスタイルなので、ソファ席に座りながらゆったりとご飯を食べることができます。

アンパンマン&ペコズキッチン

ペコズキッチン室内風景

ペコズキッチンの店内はこんな感じ。

パーテーションも高いので、隣席も気にせず食事をいただけます。

メニュー内容もキッズメニューは5種類、ガッツリ食べたい方向けサーロインステーキなんてメニューまであり、どの世代でも食べたい料理が見つかるはず!

お誕生日ケーキもあったりなんかして、誕生日に連れて言ってあげると大喜びかも。

お土産も限定品が充実の品揃え

お土産やさんの店内写真

アンパンマングッズを楽しみにしている方も多いですよね。

こちらは名古屋限定の商品。アンパンマンが大好きならTシャツは買いですね!

アンパンマンミュージアムお土産

こちらはアンパンマンミュージアム限定商品。

小皿は全種類揃えたくなりますね。

個人的にはミニタオルが便利かなって。大人ならしっかりハンカチ持っておきましょう。

アンパンマンミュージアムのお土産

こっちは女の子向けかな?ファンシーでキラキラしてました。

娘ちゃんに買ってって言われたらお父さんなら買っちゃうかもですね!笑

アンパンマンミュージアムお土産

保育園・幼稚園児にはこちらのリュックがおすすめ。

ワッペンも数多くあったので、オリジナル一点モノもリュックも作れちゃいます!

アンパンマンミュージアムのお土産

お弁当の巾着袋にはこちらの商品がぴったり合いそう。

コキンちゃんも地味に人気ありそうですね。

うちの子はアンパンマン一択だけどね!

 

帰りにはアンパンマンパン買って帰ろう

アンパンマンミュージアム内のパン工場

帰宅まえに忘れちゃいけなのが、ジャムおじさんのパン工場に寄ること。

ジャムおじさんとバタコさんがお出迎えしてくれます。

写真でわかるように、手間かけて作り込んでるので選ぶのに迷うこと必死。

食パンマンは食パンなので、この中ではかなりシンプルに感じてしまいますねー。

お土産セットのように箱に入ってるものもあるので、それを買って帰りましたよ。

お得なオンラインチケットはこちらから


まとめ

アンパンマンミュージアム名古屋は、アンパンマンの世界を実際に見て触って体験できるアミューズメント施設でした。

未就学児の子どもならウキウキで楽しんでくれることと思います。

赤や黄色など色鮮やかなので、見てても楽しかったですね。

お土産はアンパンマンミュージアム限定商品を買って、パン工場のキャラクターパン買えばバッチリ!

子どもが小さいうちにぜひ訪れてみることをおすすめします。

お得なオンラインチケットならポイントが貯まる