お役立ち

あなたは損してる!駐車場トラブルに注意!有料駐車場料金の正しい見方教えます。

観光地や駅周辺に多い有料駐車場やコインパーキング。

あなたは料金表を正しく理解出来ていますか。

もしかしたら知らないうちに損をしているかも?

これを読めば意図しない高額料金を回避できるはず!

正しく理解をすれば有料駐車場も怖くない!

実際の写真も交えて分かりやすく解説してますので、理解も深まると思いますよ。

有料駐車場の料金表は分かりにくい

有料駐車場は表記がややこしいですよね。

金額は大きく書かれてるから500円だとか700円だとかは分かるんだけど、

料金の仕組みが実に分かりづらい。

会社ごとに表記は違うし、何を基準として1日にしているのかなどなど。

1、2時間なら気にしないで停めておけるかも知れませんが、

旅行やお泊まりでしばらく停めっぱなしって方は24時間の定義を理解しましょう。

当日24時と最大24時間の違い

【当日24時】と【最大24時間】

パッと見るとどっちも一緒のようにみえますよね。

近くの駅前にもこの表記の駐車場がありました。

運転しながら看板を見るので判断しづらい事も。

当日と最大の言葉の違いだけで料金が2倍3倍と変わってきてしまうのでしっかりチェックしましょう。



当日24時の駐車場の料金システムに注意

まず当日24時表記のコインパーキングですが、この場合は当日の24時までこの料金ですよーって事です。

この写真を例にあげますと、

平日400円
休日600円

になっていますね。

その下に60分100円と書いてあります。この場合60分毎に100円づつ加算されます。

金額が平日は400円(4時間)休日は600円(6時間)まで加算されると、
それ以降何時間止めても平日400円と休日600円しかかかりませんよーって事です。

長く停めたい方からすればかなりお得ですよね

平日に12時間停めても400円支払えばいいわけですからね。

ですが、看板には「当日24時まで」と前書きが、されていますね。

ここが注意ポイント

先程12時間停めても平日は400円と話しましたが、
1月15日20時に入庫し、日をまたいで1月16日8時に出庫(12時間)した場合はどうなるでしょう?

答えは800円。

あれ?同じ12時間だし400円じゃないの?って思いますよね。じつは違うんです。

この例の場合、日付をまたいで12時間駐車しました。

当日24時という表記は当日に限り、
この料金で停めれますよーっていう案内なのです。

つまり!

翌日は別料金!

また加算されてしまうのです・・・

「当日24時まで◯◯円」「24時まで◯◯円」

この表記は当日限りの料金たどいう事を覚えておきましょう。

最大24時間は駐車した時刻より24時間までOK

さきほどは日付が変わると、料金が再加算される有料駐車場でした。

今回は最大24時間表記になってますね。

この表記の場合は、【駐車した時間から24時間後まで】最大700円ですよってことになります。

なので、1月15日20時に入庫し日付をまたいで、1月16日8時に出庫(12時間)する同じ例の場合でも、
最大料金の700円で良いのです。

ぱっと見ではこちらの駐車場の方が金額は高く感じますが
実は100円お得にコインパーキングを利用できるのです。

最大料金が繰り返し適用されるか要チェック


数日停めっぱなしにする場合は、最大料金が繰り返し適用されるかチェックしましょう。

駐車場によっては適用外のコインパーキングも存在します。

適用されない場合従量制となり、高額の請求が発生する可能性があります。

記載がなく不安な場合は、必ず問い合わせをしましょう。

問い合わせ先は看板の右下に書いてあることが多いですよ。

まとめ





有料駐車場・コインパーキングを利用する場合は、どれだけの時間を利用するのかまず考えましょう。

日付をまたがないなら、当日〇〇〇円でも損したりすることはないので、看板を見て安い駐車場に停めてもOK!

日付をまたいで長く停める可能性があるのなら、最大24時間〇〇〇円の駐車場に停める方が無難ですね。

また数日停めっぱなしなら、料金が繰り返し適用されるのか確認。

楽しい観光・旅行にするためにも、用途に合わせた駐車場選びをしましょう!

今だけお得にお試し



【動画ダウンロード機能で映画・キッズアニメ・見逃したアノドラマも全部観れちゃう!動画本数9万本以上】