便利グッズ

ランニング初心者にはコレ!【人気のランニングウォッチガーミン245】

garmin245の紹介アイキャッチ

ガーミン235の後継機、新作ガーミン245を買いました

ランニングが趣味になりつつあるぼくはそろそろランニングウォッチが欲しいなーと。

買うなら有名メーカーのしっかりとした物がいいよなーと。

ただー…有名メーカーになるともちろん何万もするんですよね。

色々調べて「欲しい!」と思ったガーミン245は定価34800円(^-^;

欲しいなと思いつつも高いので、アマゾンのお気に入りリストに入れて購入するか迷う日々でした。

そんなこんなを妻に話したらナント!!

誕プレとして欲しかったガーミン245をプレゼントしてくれました!!!

妻のおかげでついに無事にランニングウォッチデビュー(^-^)

2019年5月16日に発売された新作って事もあるので、少し機能などを紹介していきます。

ガーミン235と新作ガーミン245の違い・変更点

今回モデルが新しくなって進化した点が何点かあります。

画面の解像度が1.5倍に進化したことで視認性UP

液晶の画素数が上がったのでよりキレイな表示になりました。

具体的には215×180ピクセルから240×240ピクセルになりました。約1.5倍解像度があがった計算に。

解像度が上がったことで視認性もUP、トレーニング中でもより使いやすくなりましたね。

防水機能はそのままに駆動時間が2倍に

ガーミン245はトレーニングモードの稼働時間が約22時間と、235に比べて2倍になりました。

その代わりに、スマートウォッチとして使える日数が9日から7日の2日ほど減っています。

普段使いする人は、毎週末充電すれば十分電池も持ちそうです。

トレーニング機能の追加

ガーミン235にはなかった、トレッドミルラン・室内トラックラン・トレイルランの機能が追加されました。

現時点でランニング以外に使っていないので、機能の違いはまだわかりません。

トレイルランは近年流行り傾向にあるので、この機能は嬉しいですね!

ガーミン245とガーミン245MUSICの違い

機能としては、音楽がダウンロードしてスマホ無くても聴けるか聴けないかの違いです。

ランニングする時にスマホは置いていくって人にはメリットありますが、スマホを身に付けて走る人にはあまりメリット感じないかも。

使える音楽アプリもSpotifyやapplemusicなので、有料音楽アプリで音楽をDLしないと聴けないですからね…

なので、ほとんどの人はGarmin245のMUSIC無しの方で満足できますね。

カラーリングだけが若干違うので、好みの色がGarmin245musicにしか無いなら、そっちを買うのもアリかとは思います。

ランニングウォッチとしてのガーミン245の特徴

ガーミンウォッチの中でも、ランニングに特化したスマートウォッチなので、トレーニングに必要な機能が備わっています。

トレーニングを行うのに便利な心拍数が常時測定できる

わたしがガーミン245を購入した理由の1つとして、心拍数を簡単に測定できる点です。

トレーニングを行なっていても、それがどの程度の負荷なのかわかりません。

自分を甘やかしても練習にならないですし、オーバーワークだと故障の要因となりえますよね。

ガーミン245で心拍数を測定する事によって、トレーニング強度が私自身に見合った練習強度なのかを知りたかったわけです。

特にこれからハーフマラソンやフルマラソンに挑戦していく方には必須な機能ですね。

VO2Maxが測定できるので、肺機能のレベルを測定できる

VO2MAXとは、どれだけ酸素を取り込む事が出来るか分かる数値です。

100がMaX値として表示されます。

一般ランナーレベルなら、50を超えていれば優秀な数値のようです。

企業ランナーやプロのランナーだと、75〜以上のようです。

自身の肺機能のレベルを数値として客観的に判断してくれるので、トレーニング過程での成長をみることができ励みにもなりますね。

トレーニングステータスで運動負荷を確認できる

ガーミン245にはトレーニングステイタスというものがあります。

これは一週間トレーニング強度を数値化して、トレーニングの頻度・トレーニング強度が最適なのか判断してくれるというものです。

継続的にトレーニングを続けていれば、最適のグラフの中に落ち着きますが、いきなり強い強度のトレーニングをしたりすると「オーバーワーク」と表示されたり、逆に低いと「トレーニング効果が見込めません」など、教えてくれます。

今週全然走れてないなーって時に見ると、トレーニング低ってなっているので、「今日は走ってない最適に戻さないと」など、これも練習の励みにもなりますね。

定期的に同程度のトレーニングをしていれば最適のグラフの内に落ち着くので、「継続は力なり」って事ですかね。

GPS機能も搭載されているので、ルートを記憶できる

最近はスマホを持って走るランナーも多いので、GPS機能は使っていると思います。

Garmin245はスマートウォッチですが、単体でもGPSを拾うことができます。

もちろん後でスマホアプリとも同期出来るので、今日はしっかり走り込みたいとか、着信に邪魔されないで走り込みたい人には良い機能ですね。

またGarmin245上で走ったルートもすぐ確認出来るので、普段と違うルートを気ままに走ったりしてルート確認したい時にも便利です。

ウェアラブルウォッチとして、LINEの通知や天気予報など確認できる

ガーミン245ももちろんスマートウォッチの一種なので、LINEの通知や天気予報のチェック、着信の応答など可能です。

Appleウォッチなどと違ってLINEに返信したり、Garmin245で話したりは出来ないですけどね。

ランニングウォッチとして使う方が多数なので、この機能はおまけ程度と思いましょう。

ガーミン245musicでは音楽を取り込んで再生できる

冒頭でも紹介しましたが、Garmin245とGarmin245musicの2種類があり、musicの機種だと、音楽をダウンロードして、単体で音楽を再生する機能があります。

スマホを持たなくても音楽を聴きながらトレーニングに集中できるので、音楽を聴きながらじゃないと嫌って方にはガーミン245musicをオススメします。

Apple musicやSpotifyなどにも対応しているので、便利な機能だと思います。

上記サービスを使って音楽を聴きたい方は、有料のApple musicやSpotifyを使わないとダウンロード出来ないはずので、普段は無料版を利用している方は注意が必要です。

無料版の音楽ストリーミングサービスでもスマホを経由すれば、Garmin245 musicでも操作出来るので、普段はスマホを必ず持ち歩く方は問題ないですよ。

ガーミン245を使ってみての感想・インプレッション

ランニングウォッチしてガーミン245の機能を紹介してきましたが、ここからはぼくが実際使ってみての感想・インプレッションを紹介していきますね。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。

ランニングウォッチとしてとても軽い

ガーミン245を使ってまず感じたのは、軽さです。

普段金属製の時計を使っていたので、時計を着けてる感を全く感じなかったです。

ランニングやトレーニングに集中したいのに、時計を着けてるのが気になって集中できない体験をしていませんか?

とにかく軽いので、着けてるのを忘れてしまうくらいです。

バンドの伸縮性が良いので、腕に違和感を感じない

バンドがGショックの様なプラスチックバンドではなく、伸縮性の良いゴム素材で出来ています。

腕時計でありがちな、締めすぎたとか緩すぎたなどのトラブルが起きないです。

伸びるので、どんな状況でも常にジャストフィット。

触り心地もとても良いので、着けていて気持ちくらい。

液晶画面が大きく、カラー表示なのでランニング中も見やすい

ガーミン245になって、文字盤の縁が小さくなり、実質液晶が大きくなりました。

なので、旧ガーミン235より視認性もUP。

液晶の画素数が上がったのも相まって、ランニング中にも必要な情報を瞬時に見ることができます。

ランニング中に何回も確認したくなるので、見やすさの向上はガーミン245にしてよかったと感じましたね。

ボタンが大きいので、押しやすい

ボタンが左側に3個、右側に2個付いてます。

ガーミン245は各ボタンが大きく押しやすくなっていて、尚且つ適切な感覚に配置されているので、押したいボタンも瞬時に押すことが出来ます。

カチッと感があるので、スタート時の押し忘れなどもないです。

1番重要なスタート、ストップは右側の上にあるので、とても押しやすくてGOOD!

ペースの読み上げ機能があるので、時計を見なくてもペースを把握できて便利

イヤホンを着けてる前提なんですが、定期的に今のペースをアナウンスしてくれます。

なので、Garmin245でチェックしなくても分かるので、集中したい人は便利な機能ですね。

ハーフマラソンやフルマラソン完走を目指している人など、同じペースで長く走る人には重宝しそうです。

ぼくはすぐ時計みちゃうので、聞き流す程度に利用してます。

ペースメーカーとして、音と振動で早さを教えてくれる

心拍数測れる以外にあって良かったと思った機能はコレ!

ランニング初心者は自分が今どのペースなのか分かりませんよね。

特に距離を走るとタイムは落ちていきがち。

ガーミン245はその人の歩幅のペースに合わせてBPMが設定できます。

歩幅が小さい人はBPMの数値が上がりますし、男性で歩幅が大きい人はBPMの数値は小さくなります。

1度走ってみて、このペースなら165BPMだよと、Garmin245が表示してくれるので、それを参考に設定します。

1度設定すれば、ストップを押すまでずっと教えてくれるので、時計をチェックしなくてもペースの確認が可能になります。

設定で振動だけなのか、音だけなのか、両方必要なのか設定できるので便利です。

これと心拍数測定出来るだけで、買う価値あるはずです。

ウェアラブルウォッチとして時計盤をカスタマイズできる

スマホのアプリと同期すると、ガーミン245の文字盤がカスタマイズ出来ます。

デジタルな感じにも出来ますし、クロノグラフ調の表示にも出来ます。

また常に何を表示しておくかも設定出来るのでかなり重宝します。

僕の場合は歩数と心拍数とメールの件数は常時見れるようにしています。

心拍数分かるだけで、今リラックスしているのか緊張しているのかすぐ分かりますからね。

あまりスマートウォッチ感を出したくないなら、クロノグラフ調やアナログ調の文字盤に設定するのもありですね!

まとめ

ランニングに特化したスマートウォッチGarmin245とGarmin245 musicは素晴らしい機能性と使い勝手でしたね。

ランニング初心者で、これから頑張るぞ!って方にももちろんおすすめですし、これからもっとトレーニングして記録向上を目指したいランナーにもめちゃめちゃおススメのランニングウォッチです。

購入しないで後悔する事はあっても、ガーミン245を購入して後悔する事はないですよ。

これからのトレーニングライフを一緒に楽しんでいける素晴らしいGarmin245。

思い切って購入を考えちゃいましょう、ホントおすすめです。