旅行

イースター島公認【サンメッセ日南】でモアイ像と記念写真を撮ろう

サンメッセ日南ブログ用アイキャッチ

こんにちは!

日本でモアイ像と写真が撮れるスポット知ってます?

 

それも イースター島公認

そんなすごいところが宮崎県にあるんですよ。世界中探しても公認のモアイ像はココだけ!

 

宮崎県が誇る世界で唯一の復刻モアイ像の観光地【サンメッセ日南】を満喫してきたので、紹介していきますね!

それではどうぞご覧ください。

サンメッセ日南はどんなところ?

サンメッセ日南は宮崎県南部の日南市にあり、モアイ像のレプリカと写真が撮れる観光地です。

他にも見どころはありますが、ほとんどの人はモアイ像目当てだと思います。

もちろんぼくもモアイ像目的!

なんせイースター島公認のモアイたちですからね。

 

サンメッセ日南には宮崎市内から車で約50分で到着します。

街中からどっちかというと田舎の方面へ向かっていくので、渋滞することはない気がしました。

全くって言っていいほど、信号がなかったですからね!笑

途中には鬼の洗濯岩で有名な【青島】があるので、ついでに青島観光もいいですね。

 

サンメッセ日南の看板が見えたら小高い丘をけっこう登っていきますよ。

登っていくと途中で改札口があるので、そこで車に乗ったまま入園料を払います。

そんなこと知らなかったので、若干手間取るっていう…笑

事前に人数を確認していくら必要なのか計算しておくとぼくみたいにテンパらなくていいと思います。

入園料 大人 800円
中学生 500円
4歳以上 350円

ちなみに今は駐車料金は無料でしたよ。

駐車場は220台用意されています。少ない気がしましたが、平日なので余裕で停めることが出来ました。

あなたは損してる!駐車場トラブルに注意!有料駐車場料金の正しい見方教えます。観光地や駅周辺に多い有料駐車場やコインパーキング。 あなたは料金表を正しく理解出来ていますか。 もしかしたら知らないうちに損...

レンタカーが多かったので、他県から来た宮崎観光客なんでしょうね。

SNS効果もあって、宮崎観光として有名になってきたみたいです。

ウェルカムプラザでマスコットたちと記念撮影しよう

サンメッセ日南マスコットキャラクターサンメッセ日南のマスコットキャラクターの【みらいちゃん】と【イキールくん】です。

名前の由来はー…

 

調べてみたけどわかりませんでした(^-^;

モア子ちゃんとモア男くんならわかりやすいんですけどね 笑

 

ウェルカムプラザのところにあり、ちゃんとサンメッセ日南に行ったよって分かる感じになっているので記念写真を一枚パシャっと!

 

他にはインフォメーション・授乳室・お土産屋さん・軽食が食べられるお店がありました。

息子もまだ小さかったので授乳室があるのは、小さい子どもがいる家族連れとしてはありがたいですね。

お土産屋さんはサンメッセ日南限定品とかもあったり品ぞろえはよかったですよ。

せっかく観光に来たけど、特に何も買いませんでしたけどね。

しいて言うならご当地Tシャツとか記念にいいかもしれないです。

イースター島公認のモアイ像と写真が撮れる

サンメッセ日南モアイ像お待ちかねのモアイ像がこちら!↑↑

テレビでよくみるモアイ像そのままですね!

 

それもそのはず!

 

このモアイ像たちは、イースター島公認で忠実に再現して彫り上げたものなのです。

どうしてこのような事ができたかといいますと、

TVでチリ大地震や民族の争いで倒壊したモアイ像が放映される

これはいけない!と日本でモアイ修復委員会が発足される

3年の月日を経て無事に修復完了

モアイ像修復の功績を称え、世界初モアイの複製(レプリカ)を認めてもらえる!

ざっとこんな流れがあったわけです。

この場所が選ばれたのも、景観が素晴らしいという点と、修復にあたった会社がサンメッセ日南の経営母体のメンバーだったという経緯もあります。

 

まーそんなことを知らなくても、モアイ像はかなーり有名ですよね。

平日にも関わらず、みんなここで一生懸命に写真を撮っていました。

もちろんぼくもその一人ですけどね。

SNSで有名になったのもあって、若い人と中国・韓国の観光客も多かった印象を受けました。

この日は晴天でしたので、海沿いにそびえたつモアイ像をきれいに写真に納めることができました(*^^*)

サンメッセ日南モアイ像大きさとしては3~4メートルはありそうです。

実際に触ったりできるので、イースター島にいかなくてもこんな感じなんだ~感じることができます。

ちなみにイースター島から石を持ち出すことは禁じられているので、福島県白川村より似た石質の石を彫刻して作ってあります。

カラフルおじさんの像が写真スポットに

サンメッセ日南カラフルおじさんサンメッセ日南ではモアイ像以外にも、こんなカラフルなおじさんがベンチに座っています。

カラフルおじさんの由来は分からないですが、モアイ像だけだとちょっと寂しい感じもしたので、こういうのがあるとより楽しめる感じはしますね。

どの像も同じ姿勢をとっているので、同じポーズで写真を撮るのが定番!

こういう面白スポットは中々ないと思うので、宮崎観光の記念の1枚として、ぜひ撮影しておきたいですね。



ラウンドカートを借りてらくらく園内周遊

サンメッセ日南晴天の空サンメッセ日南は広いです。海沿いの丘になっているので、思っている以上に斜面がきついきつい…

体力づくりには最適だと思いますが、中には楽をしたい方もいますよね??

観光で来ているのなら、なおさら楽して周りたいと思いますよね!!

 

ラウンドカート借りちゃいましょう!

 

ゴルフ場とかでよく見るタイプのあれです。

屋根付きのゴーカートのような乗り物です。

これさえあれば、丘の上までラクラク登っていけます(^-^)

最大5人乗れるので、1グループなら1台で乗れるんじゃないでしょうか。

 

ラウンドカートの操作はアクセルとブレーキのみで簡単なんですが、一応事故防止のため普通免許を持っている方のみ運転可となっています。

残念ながら、ゴーカート気分で子どもが運転はできないんですね~。安全の為ですから!

 

ちなみに無料ではないです。笑

ラウンドカート
乗車30分コース 1000円
以降延長30分毎 300円

地味に高い値段設定なので、ちょっと躊躇するところではある。

まー観光と割り切って乗るのがベストじゃないかな。汗だくになって、ケチった1000円でマンゴージュース飲むのも個人的には悪くないと思ってるよ。

こどもがいると、「まー高いけど乗ってみるか」とアトラクション感覚に。

 

普通に回る分には1時間もあれば余裕で帰ってこれますので、写真だけササっと撮って戻ってこれば追加料金も払わなくて済みそうです。

まとめ





サンメッセ日南はモアイ像がメインの観光地でした。

モアイ像は思っていたより、精巧に作られていたので、イースター島と遜色無い出来栄えでした。(いったことは無いけども)

写真を撮る角度によっても、モアイ像の表情が変わるので、いろんな角度から写真を撮ってみてください。

 

モアイ像以外にもカラフルなおじさんや、今回紹介しなかった世界中の昆虫が集められた【世界昆虫館】や西田天香記念館(サンメッセ日南の生みの親)ちびっこ広場など、見所や楽しめるスポットは何か所もあります。

ぜひ晴天の日に訪れることをオススメします。

ホテルセンチュリー宮崎ブログアイキャッチ
JR宮崎駅のベストホテルは「ホテルセンチュリー宮崎」7つのおすすめする理由南国という言葉が似合う県といえば、もちろん宮崎県。 【マンゴー】【地鶏】【焼酎】はもちろん、高千穂や青島といった自然が豊かな宮崎県...

サンメッセ日南詳細情報

営業時間 午前9時半~午後5時(定休日毎週水曜日)
住所 宮崎県日南市大字宮浦2650
TEL 0987-29-1900
駐車場 無料(220台完備)
入園料 大人 800円
中学生 500円
4歳以上 350円