観光

【期間限定】安城市デンパークに恐竜があらわる!ディノランドに行ってきました

子どもが大好きな恐竜!

「大きくてカッコよくて、生きた恐竜に会ってみたい」

憧れましたよね。

そんな恐竜ですが、愛知県安城市にあるデンパークに期間限定ディノランドがオープン。

大人も子どももドキドキワクワクするような体験が待ってました。

恐竜が好きなら、期間が終わってしまう前に恐竜に会いにいきましょう!

デンパークはこんなところ

デンパークは愛知県安城市の南部に位置する、道の駅併設型のテーマパーク。

デンパークの名前の由来は、【日本のデンマーク】【伝統】【田園】などの【デン】からデンパークと命名されました。

安城市は広大な平地に田んぼがずらっと並んでいる風景から日本のデンマークと言われています

子どもの遊ぶ大小の遊具から、モノづくり体験まで、老若男女問わず楽しめる施設です。

牧歌の里ブログ用アイキャッチ
【牧歌の里】GWには桜とチューリップが一緒に楽しめる【岐阜県郡上市】今回はGWということもあり、少し遠出をして岐阜県にある牧歌の里に行ってきました。 高速道路を走り2時間程度で到着。駐車場は2000...

花と緑であふれる大きな公園

デンパーク内風景写真。花や木々が一年中楽しめる。安城産業文化公園デンパークはその名の通り大きい公園として整備されています。

年中花や木々が咲き乱れ、来園客を楽しませてくれます。

デンパーク内の花のトンネル

季節によってに雰囲気がガラッと変わるので、季節毎に訪れると花や木々の変化を楽しめます。

デンパークは敷地の外周が2キロ超とかなり広いので、散策しながらのお散歩・ウォーキングにもぴったり。




石畳から歴史の足音が・・・馬籠宿(まごめ)観光に行ってきました〈岐阜県中津川市〉8月の40℃超える酷暑から解放されて、最近は朝夕涼しくなってきましたね。 秋めいてくると、お出かけしようかなって気分になりませんか...

 

期間限定で恐竜に会える〈ディノランド〉

安城市デンパーク内期間限定ディノランド正面ゲート

今回の目的であるディノランドに早速行ってきました。

ディノランドはデンパークの常設施設では無いですが、今春から1年間の期間限定でオープンした施設です。

ディノランドはデンパークの入場料とは別に3歳以上1人500円が別途必要になります。

デンパーク来てる人はそこそこ興味があるのか、続々と入っていく印象でした。

メインの客層は子どもを連れた家族なので、家族連ればかりでしたよ。

ベビーカーを押しながらでも入場できますが、整地されていない細い道を歩いていくので、使い慣れていない方は少し注意が必要かもしれません。

ぼくもベビーカーを押しながら入場しましたけど、普段から使い慣れていれば問題無いレベルだと感じました。

不安なら入口のベビーカー置き場に置いていきましょう。

では、いざ中へ!

リアルな恐竜が〈16体〉雄たけびも聴こえるよ

安城市デンパーク内風景ディノランド入場するとすぐに恐竜たちがお出迎えしてくれます。

鳴き声・叫び声もリアルな感じに再現されていて、本物の恐竜を見ているような迫力がありますね。

ダイナミックに動いたりはしないけど、首とか尻尾は恐竜らしい仕草をしてくれます。

エリア内は迷彩柄の布地で囲われているので、ジュラシックパークの園内に入ったような、囲われている檻の中で恐竜が!って感じでドキドキしました。

恐竜がリアル過ぎて息子はこわいこわい連発でも大満足

安城市デンパーク内に期間限定ディノランドいつも恐竜、恐竜言う息子もディノランドに入って恐竜みると「恐いー」って足にしがみついてきました。笑

まだ2歳の子には少し怖かったかもしれないですね…

周りの小さいお子さんも観察しているとけっこう恐がっていたので、それだけ恐竜がリアルに作られているんだなって感じました。

追記:恐竜がとても気に入ってしまったみたいで、後日2回ほどディノランドに入園してます。怖かったんじゃなかったっけか

 

低年齢用遊具が充実〈こども広場〉

デンパーク内の子ども用遊具。多種多彩の遊具が設置されている。他にもデンパークは子ども用遊具も充実!

年齢別に場所が分かれているので小さいお子さんでも安心して遊具で遊ぶことができます。

近くにはベンチも設置されているので、パパママもゆっくりと見守ることができて安心。

午前中の早い時間に行きましたが、すでにいっぱいの子どもたちが楽しそうに遊んでいましたよ。

2018年オープン木製遊具〈風車の広場〉

デンパーク内風の広場写真。小学生向けの木製遊具。2018年3月に新しくオープン!

風車の広場は対象年齢9歳以上の小学生をメインにした、木製遊具です。

独特の樹形の木に、吊り橋が渡してあったりアミアミのロープがかけてあったりと、全身を使った遊びのできるアクティビティになっています。

もしも遊具から落ちても怪我しないように、遊具の下は砂場のようになっているので安心して楽しめます。

雨でも遊べる室内遊び場〈あそボーネ〉

デンパーク内の室内施設のあそボーネ。有料施設なので充実の施設。デンパークには子ども用室内施設もあります。

有料にはなりますが、職員も常駐している施設なので安心して遊ばせることができます。

個人的には料金設定に納得いかないところもありますが、覗いてみると楽しそうに遊んでいたので、真夏や真冬ならいいのかなーなんて思いました。

晴れているなら野外遊具があるので、そこまで利用客も多くなかった印象。

年中綺麗な花が咲く〈フローラルプレイス〉

安城市デンパーク内フローラルエリアデンパークには室内でお花が管理されているフローラルプレイスなるところも見どころの一つ。

気温を管理しているので、野外とは違った草花が一年中楽しめます。

訪れたのが4月だったんですが、すでに色んな色のアジサイが咲き誇っていました。

一眼レフで写真を撮っている人も多くいました。

 

安城市デンパークフローラルエリアお花以外にもデンマークのおうちをイメージした建物もあって、なかなかおしゃれな雰囲気のある場所でした。

建物の中はお土産やデンマークのおもちゃ会社LEGOのレゴブロックなどで遊べるキッズスペースになっていたりします。

レゴランドにいかなくてもレゴで遊べる穴場スポットだったりするかもしれませんね。

まとめ





ディノランドの恐竜はかなりリアルで子どもがビビるくらいの完成度でしたね。

恐竜好きなお子さんがいる家族なら、ぜひディノランドへ。

また恐竜以外にも楽しめるスポットも多く、1日中楽しめました。

飲食物の持ち込みも自由なので、レジャーシートやポップアップテントなど持って、ピクニックにも最適です。

入場料も良心的で、年間パスポートも1人2400円と格安なので、ぜひぜひリピートしたい施設です。

【お花が好き】【子どもと1日遊びたい】って方にはベストスポットまちがいなし。




【期間限定】安城市デンパークに恐竜があらわる!ディノランドに行ってきました子どもが大好きな恐竜! 「大きくてカッコよくて、生きた恐竜に会ってみたい」 憧れましたよね。 そんな恐竜ですが、愛知県...
石畳から歴史の足音が・・・馬籠宿(まごめ)観光に行ってきました〈岐阜県中津川市〉8月の40℃超える酷暑から解放されて、最近は朝夕涼しくなってきましたね。 秋めいてくると、お出かけしようかなって気分になりませんか...
あなたは損してる!駐車場トラブルに注意!有料駐車場料金の正しい見方教えます。観光地や駅周辺に多い有料駐車場やコインパーキング。 あなたは料金表を正しく理解出来ていますか。 もしかしたら知らないうちに損...

詳細情報

開園時間

開園時間

通常 午前9時30分~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
冬時間 午前9時30分~午後4時30分

入園料

デンパーク入園料

大人 小・中学生 備考
一般 600円 300円
団体 480円 240円 20人以上
(注):「大人」と「小人」を合わせた人数です。
高齢者 480円 65才以上
(注):免許証・保険証等、年齢の分かるものをご提示ください。

「年間パスポート」

大人 小・中学生 備考
個人パス 2,400円 1,200円 ※お一人様1年間有効(記名式)
家族パス 4,800円 ※登録同居家族(最大4名様まで)に「1人1枚ずつ発行」の記名式パスポートです。

前売り券

前売り券 コンビニ前売り券なら、ラクラク入園&10%OFF!
一般:600円⇒540円、小・中学生:300円⇒270円

所在地

住所:〒444-0046愛知県安城市赤松町梶1